しゃべる名刺「言霊名刺」トップページ > メルマガ > vol.162【売れる商品を作るためにどれ位の時間が必要】

メルマガ

vol.162【売れる商品を作るためにどれ位の時間が必要】

メールマガジン配信日:2016年8月27日

 

時計2.jpg

 




最近ふと思ったのですが、自分のお客様や塾生を見ていて
上手く行っている人の共通点らしきことに気が付きました。
それは下記の3点です。
「1」売れる商品・サービスを持っている
「2」その商品・サービスを伝える自前のメディアを持っている
「3」伝える行為を継続している
今日は「1」の売れる商品・サービスの作り方について書きます。
超簡単に言い切ってしまうと、
みんなが欲しがっているのに、
あまり売ってない商品・サービスを売り出せば、
当然売れまくります。
なので物不足の時代は、作れば売れました。
需要に供給が追いついていなかったからです。
でも残念ながら今は時代が違います。
モノも情報も溢れかえってお客様はお腹一杯状態です。
簡単には財布の紐を緩めてくれません。
今後、消費税が上がればなおさらです。
場合によっては無料でも拒否されます。
それでも人には
「不安を解消したい」
「欲望を達成したい」
という感情を持っています。
その見込客の「感情」を刺激することができる商品・サービスなら
こんな時代でも売れます。
理屈で説得よりも、感情で共感・感動を生み出すことが
売れない時代の売れる商品・サービスの条件です。
では顧客の共感・感動を生み出すために具体的に何が必要なのか?
それは__c20__さんが今まで培ってきた経験や体験です。
通常、プロとして認めてもらうまでに経験や体験の時間は
1万時間の経験や体験が必要だと言われています。
1日3時間で10年かかります。
1日6時間なら5年で達成です。
この1万時間の経験や体験が__c20__の強みを生みだし
同業他社との違いや独自性を生みます。
この1万時間の経験や体験をストーリー化して伝えれば
顧客の感情に共感・感動を生み出します。
この1万時間の経験や体験で生まれた強みを
商品・サービスに加味すれば、独自性が完成します。
つまり・・・・・
1万時間以上の経験や体験がある方は
すでに売れる商品・サービスを作るための
条件を満たしているはずです。
後は過去の経験・体験の中から強みのかけらを掘り起こして
点を線に結び、面にするだけです。
経験・体験が足りない人は、今から作ればOKです。
要するに
__c20__さんならではの売れる商品・サービスに必要な要素は
外にはありません。中にしか無いんです。
その掘り起こし方が分からない方、
掘り起こした後、ストーリーでできない方、
何に1万時間をかければいいか分からない方、
僕がナビゲートして、最短で答えに導きます。
下記をご利用ください。
http://kotodama-m.com/lp1/
8月29日(月)までは早割がきいて参加費が大幅にお得です。
自分と向き合う時間をたっぷり提供しますので
楽しみにしてくださいね。
最近ふと思ったのですが、自分のお客様や塾生を見ていて
上手く行っている人の共通点らしきことに気が付きました。

それは下記の3点です。


「1」売れる商品・サービスを持っている
「2」その商品・サービスを伝える自前のメディアを持っている
「3」伝える行為を継続している


今日は「1」の売れる商品・サービスの作り方について書きます。


超簡単に言い切ってしまうと、

みんなが欲しがっているのに、
あまり売ってない商品・サービスを売り出せば、
当然売れまくります。

なので物不足の時代は、作れば売れました。
需要に供給が追いついていなかったからです。

でも残念ながら今は時代が違います。

モノも情報も溢れかえってお客様はお腹一杯状態です。
簡単には財布の紐を緩めてくれません。
今後、消費税が上がればなおさらです。

場合によっては無料でも拒否されます。

それでも人には

「不安を解消したい」
「欲望を達成したい」

という感情を持っています。

その見込客の「感情」を刺激することができる商品・サービスなら
こんな時代でも売れます。

理屈で説得よりも、感情で共感・感動を生み出すことが
売れない時代の売れる商品・サービスの条件です。


では顧客の共感・感動を生み出すために具体的に何が必要なのか?


それは自分が今まで培ってきた経験や体験です。


通常、プロとして認めてもらうまでに経験や体験の時間は
1万時間の経験や体験が必要だと言われています。


1日3時間で10年かかります。

1日6時間なら5年で達成です。


この1万時間の経験や体験が自分の強みを生みだし
同業他社との違いや独自性を生みます。

この1万時間の経験や体験をストーリー化して伝えれば
顧客の感情に共感・感動を生み出します。

この1万時間の経験や体験で生まれた強みを
商品・サービスに加味すれば、独自性が完成します。


つまり・・・・・


1万時間以上の経験や体験がある方は
すでに売れる商品・サービスを作るための
条件を満たしているはずです。

後は過去の経験・体験の中から強みのかけらを掘り起こして
点を線に結び、面にするだけです。

経験・体験が足りない人は、今から作ればOKです。



要するに


自分ならではの売れる商品・サービスに必要な要素は
外にはありません。中にしか無いんです。


その掘り起こし方が分からない方、

掘り起こした後、ストーリーでできない方、

何に1万時間をかければいいか分からない方、

僕がナビゲートして、最短で答えに導きます。

下記をご利用ください。





8月29日(月)までは早割がきいて参加費が大幅にお得です。

自分と向き合う時間をたっぷり提供しますので
楽しみにしてくださいね。

 

ページトップへ