しゃべる名刺「言霊名刺」トップページ > 新着情報 > しゃべる名刺「言霊名刺」作成セミナー(名古屋)参加者の皆様の感想

新着情報

しゃべる名刺「言霊名刺」作成セミナー(名古屋)参加者の皆様の感想

更新日:2009年2月26日


先週末、二回目の開催となった名古屋でのしゃべる名刺「言霊名刺」セミナーが無事終わりました。

前回と違い、今回は事前に書籍を読んで来ていただいたので、内容は大きく変えています。


koto-01-thumb-500x375-3699.jpg

どこを変えたかというと、自分自身やビジネスに関する棚卸しの部分です。

何故そうしたかと言いますと、いくら最新の理論や手法を頭にインプットしたとしても、それを実践する人の心構えが結果を左右するからです。

つまり、行動しないと何も結果は出ませんし、取得した知識の価値は限りなくゼロになるからです。よって参加者の皆さんの感想も、前回とはかなり響いたポイントがちがいます。

                ↓    ↓      ↓    ↓     ↓    ↓     ↓    ↓     ↓    ↓     ↓    ↓     ↓    ↓     ↓    ↓   ↓



前回受講したのですが、目的を見失っていたところがあるので、再度原点に立ち返って取り組む勇気をもらいました。
また、自分の今まで生きてきたことを振り返って見つめ直すことで、何をどう感じてきたのかを考え直すことが時には必要であると再確認しました。
恐れることなく行動することが、目標実現のために大切なことであり、それをサポートしてくれる「名刺」というツールを得ることが、より強力なバックアップになると感じています。

会社役員  笹田修司様




本に書いてあることを真似ても絶対できないと思っていたので、本に載っていたことの裏側を知りたくて参加しました。お陰で本気で取り組む覚悟と元気をもらいました。
名刺を本気でつくります。成功するにしろ失敗するにしろ自分自身を棚卸しできたことは良かった。漠然としていた考えに、芯が通った感じがします。

WEB制作会社 社長  鳥居宏一様




なまけがちな自分に火をつけるため。また、一人じゃなかなか全ての棚卸しをするために参加しました。コンサルティングの流れが把握できたことが収穫です。名刺も確実に今よりも良いものを作れる感覚をつかめました。内容が濃くなったのでもっと相手に気に入ってもらえそうです。

名刺コンサル  増井奉政様




自分の過去やコンプレックス、嫌だと思っていたことを受け入れると気持ちが楽になりました。仕事の棚卸し作業も気づきがあり、本業のネオン看板業のお客さんの増加が見込めそうです。

電気・看板工事会社役員  中屋豊雄様 




新しい仕事をスタートさせる上での不安や迷いを明確にしたくて参加しました。
お陰様で自分がやりたいことが見えてきました。しかもこれまで目を向けていた解決したい問題の根源まで見えて、アプローチを変えようという具体的な展望がひらけました。

コピーライター  後藤 真奈美




自分の可能性を広げる為に、このセミナーで名刺を作りたいと思っていました。英語の講師と美顔事業との2つを分散させてきた時間に対して、きりをつけたいと思っていたところです。
このセミナーに参加して、自分がやるべき軸が見つかったと思います。また、自分の物語があることに感謝できそうです。今後、自分の力が発揮できそうでとても嬉しく思っています。

会社経営者 Y.S様




自分の方向性に悩んでいたので「自分の棚卸しが出来る」と聞いて期待して参加しました。セミナーのワークをこなすことで自分の良い点が見つかりましたが、自信のなさにも気が付きました。迷っていた方向性が見えた気がします。

デザイナー M.Oさん




三回目の受講ですが、今回は本を読む事が前提の内容ということだったので、前回よりも自分の事を掘り下げる時間が長くあってよかったです。また今日は中野さんに最後みてもらえて、自分でも忘れていた大事なことを思い出すことができました。

コピーライター N.Eさん




自分の中に過去、現在、未来が「もやっ」としていたのですが、これからの未来に向けて、自分は何をしなければならないのか明確になりました。仕事に対する取り組みが変わると思います。

ホームページ制作会社勤務 Y.Fさん




自分をどう売るのかを、この名刺を通して具体的に知りたかった。まず自分自身が変にこだわっている部分に気づくことができました。今回のセミナーで得たことを、今後もっとつきつめたいと思います。

コピーライター N.O様




次回は初の大阪開催です。詳しくはこちらから↓
http://kotodama-m.com/seminar/index.html





 

ページトップへ